ジュニア世代

【中高生必見】テーピングでは症状は改善しないのでセルフケアを

中学生や高校生は怪我の経験値も少なかったり、チームの状況によっては練習を休んでしまうとメンバーから外される事などもあり、練習をやりながら怪我とうまく付き合っている人も多いかと思う。 ここでよくありがち ...

3つの遺伝子でわかる自分のトレーニング方法【簡単検査キット】

人間のDNAは、99.9%は同じであるが、残りの0.1%の違いが個人差を生み出している。 そのため、体の違いはこの0.1%のごく僅から生じている。 様々な遺伝子情報があるが、運動時において3つの遺伝子 ...

ミニバス選手に多いオスグッドの対処法【成長痛】

バスケットボール選手の成長痛で多いのが、オスグッドである。小学5年生頃から急激に身長が伸びることと運動量も多くなる時期が重なり、まだまだ不安定な膝の骨(脛骨)が引っ張られることで痛みや変形が起こってし ...

【実践】ミニバス選手の試合に向けたコンディショニング

ミニバスの選手はまだまだ試合になれていない選手も多い。試合当日に力を発揮してベストパフォーマンスができる選手もいれば、本来の力を発揮できずに終わってしまう選手も多い。 バスケットボールはチームスポーツ ...

【年代別】バスケ選手の起こりやすい怪我

バスケットボールでは各年代によって起こりやすいケガがある。スポーツ全般で見られる成長痛もあればバスケットボールに起こりやすいケガもある。 この辺りを大まかに解説していく。 各ケガに関しては別項目で詳細 ...

【成長痛】踵の痛みに対する対応の仕方

踵(かかと)の痛みは8-12歳あたりの年齢で痛みを発生しやすい。これは足の大きさが成長しやすく、また骨自体がまだ柔らかい状態であるため筋肉がくっ付いている踵の部分が引っ張られる事で痛みを発生する。成長 ...

【必須】選手のアイシングで怪我の予防と回復に

スポーツ選手は、練習や試合後に氷で冷やすアイシングを行なっている。痛みがあったり、疲労している部位に行う事で怪我の予防になり、翌日の痛みや違和感、疲労感に大きな影響を及ぼす。 【結論】アイシングを行う ...

Copyright© ジャンクトレーナー , 2021 All Rights Reserved.