コンディショニング

【納得】滅菌・除菌・殺菌・消毒・抗菌の違いって何!?

新型コロナウイルスが大流行し、マスクや除菌スプレーが店頭から姿を消した。
スーパー行ってもこれで大丈夫なの??

と、疑問に思って買い止まってしまう方もたくさんいるのかと思う。その辺りをまとめてみました。

結論

■医薬品・医薬部外品・・・滅菌、殺菌、消毒と使用して良い
■一般用・・・除菌、抗菌としか表示できない

■菌を殺すタイプ
・滅菌・・・完全に菌を殺す
・殺菌・・・菌は殺すが全て殺さなくても使える
・消毒・・・菌はある程度殺して無毒化する
■菌を殺さないタイプ
・抗菌・・・菌の増殖を防ぐ
・除菌・・・菌を取り除き減らす

■次亜塩素酸ナトリウム・・・物の消毒、空気中の消毒に向いている

分かりにくい分類を整理

滅菌

病原菌、細菌、微生物、ウイルスなど全ての菌を死滅させ、除去すること。

殺菌

細菌やウイルスの菌を殺す働きのあるもの。そのため、全ての菌を殺さなくても使用可能である。

消毒

殺菌同様で、菌を殺す働きのあるものである。そのため、全ての菌を殺さなくても使用できる。殺菌との違いは菌を殺して無毒化すること。

消毒は細菌などの病原菌をターゲットにしたものとなる。

抗菌

菌を殺すわけではなく、菌の増殖を防ぐ働きがあるもの

除菌

菌を殺すわけではなく、菌を取り除き、菌を減らすことである。

一般用と医療用の違い

どのようにして使い分けられているかというと、医薬品と医薬部外品の薬と一般で言葉の使用が異なってくる。

同じような機能がある製品でも医薬品に分類されるか一般用かで使える言葉が違ってしまうこともある。

医薬品・医薬部外品

「滅菌」「殺菌」「消毒」は薬品の分類に当たる。

一般用

「抗菌」「除菌」は一般用に使う

製品分類 分類
医薬品・医薬部外品 「滅菌」「殺菌」「消毒」 菌を殺す働き
一般用 「抗菌」「除菌」 菌を殺さない、菌の増殖を抑える

 

消毒の分類

高水準消毒液

芽胞が多数存在する場合を除き、すべての微生物を死滅させるレベル
医療現場の手術の器具などで使用される消毒液である。
過酢酸、グルタラール、フタラール

中水準消毒液

結核菌、細菌、真菌、ウイルスなど殺滅するが、必ずしも芽胞を殺滅しない。

最近ではアルコール消毒が店頭から姿を消している。店頭にあるのは次亜塩素酸ナトリウムの製品ばかりである。

次亜塩素酸ナトリウム

その他の除菌材よりもコストが安く、エボラウイルス,インフルエンザウイルス、O-157などにも有効である。
新型コロナウイルスに対しては物の消毒として良い。

注意ポイント

・衣類は脱色する場合がある
・金属の腐食のおそれがある

※使用注意をよく読む

金属にも対応した次亜塩素酸ナトリウムの除菌スプレー
ウイルス除去率99%チャーミスト

赤ちゃんも安心して使える空間除菌・消臭・ウイルス対策
今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

アルコール

アルコールには、細胞膜など脂質膜やタンパク質を変性させる生理作用があり、人への毒性が相対的に低いものが消毒用に利用され、消毒用エタノール、イソプロパノールなどがある。両者の違いはほとんどない。

アルコール消毒の使用ポイント

・消毒用のエタノールは手指の消毒に良い
・ただし手が乾燥している状態で使用する
※ぬれた手では効果なし、脱水状態の時に菌を殺す
消毒 次亜塩素酸ナトリウム アルコール 消毒用エタノール
消毒用途 室内環境、衣類、シーツ、遊具、食器 室内環境、手指、遊具
注意ポイント ・トイレ用洗剤と混ざると有毒な塩素ガスが出る

・衣類は脱色(漂白)作用がある

・金属には使えない、錆びてしまう

 

・引火性がある

・手荒れや傷には刺激性があるので使用しない

・ゴム製は長時間ひたすと変性する場合がある

・ぬれた手では菌は死なない

病原菌 全て微生物に対象 ノロウイルス 細菌、結核菌、真菌、ウイルス
効きにくい病原菌 ノロウイルス

 

ポピドンヨード

ヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分で、独特な茶色の消毒液である。

手術の際の消毒、救急隊の常備品、うがい薬、手洗いなど幅広い用途で利用されている。

イソジンもこのグループに入る。

二酸化塩素

強い酸化力をもち、ウイルス除去、除菌、消臭、抗カビなどを抑制する働きがある。

水に溶けやすい性質で、酸化する作用を利用して、漂白や除菌といった目的で使用されている。

まとめ


現在新型コロナウイルスの大流行で、アルコール消毒が購入することができない。

そのため、除菌するのに手ごろで入手しやすいものは、次亜塩素酸ナトリウムで作られたものとなる。

次亜塩素酸ナトリウムの製品は、使用する際に注意が必要となる。しっかりと解説書を読んで使用するようにすることが大切である。

なぜなら、製品によっては脱色したり、金属製のものは腐食する場合もあるためだ。

製品によって異なってくるので、購入前に確認するようにしたい。

一般用と医療用では、例え同じ働きがあっても菌を殺す働きがあるかないかで区別され、使用できる言語に制限が出る。

おさらい

■医薬品・医薬部外品・・・滅菌、殺菌、消毒
■一般用・・・抗菌、除菌

参考ホームページ:高杉製薬株式会社
参考ホームページ:日本二酸化塩素工業会
参考ホームページ:健栄製薬株式会社

こちらの記事もどうぞ

【現実】新型コロナウイルスで揺れる外国籍選手

アドセンス

-コンディショニング
-