怪我

【ジョーンズ骨折】第5中足骨の疲労骨折は治るのに期間がかかる

ジョーンズ骨折になってしまうと本当に時間がかかってしまい、治りにくい症状である。 そうならないために知識を蓄え、セルフケアで悪化させないように注意していく必要がある。 しかし、捻挫などがきっかけで骨折 ...

【中高生必見】テーピングでは症状は改善しないのでセルフケアを

中学生や高校生は怪我の経験値も少なかったり、チームの状況によっては練習を休んでしまうとメンバーから外される事などもあり、練習をやりながら怪我とうまく付き合っている人も多いかと思う。 ここでよくありがち ...

MUELLER ニースタビライザー KS-700【膝サポーター】

ミューラージャパンの「オムニフォース® ニースタビライザー KS-700」を今シーズン選手3名に1シーズン使用したのでそのレビューを記してみました。 膝のサポーターは様々なタイプや様々なメーカーが作っ ...

大腿部の打撲(モモカン)は侮ってはいけない【全年代共通】

バスケットボールでは全年代共通して大腿部の打撲(モモカンまたはカツる)は起こりやすい怪我である。 チャーリーホースともいう。 チャーリーホースの由来昔チャーリーという競走馬がいた。しかし、足を怪我して ...

バスケに多い腰椎分離症はこれをやるべき!!【+体幹の強化も解説】

バスケットボール選手で中学生に多い成長痛として腰椎分離症がある。バスケットボール選手の20%くらいの選手が実際に問題を抱えている。 中学生はまだまだ成長過程である。そのため、骨もまだ不安定な状態である ...

ミニバス選手に多いオスグッドの対処法【成長痛】

バスケットボール選手の成長痛で多いのが、オスグッドである。小学5年生頃から急激に身長が伸びることと運動量も多くなる時期が重なり、まだまだ不安定な膝の骨(脛骨)が引っ張られることで痛みや変形が起こってし ...

【習得必須】バスケで足の怪我が起こるメカニズム

バスケットボールでは怪我はつきものである。コンタクトスポーツで相手がいるため身体接触や瞬時の反応がとても重要な競技である。 いかに怪我を予防して、練習や試合を行えるかはその後のキャリアにも大きな影響が ...

【ポイント】迷ったらこれ! ストレッチボードの有効な使い方

ストレッチをすることで身体の柔軟性が確保でき、関節の可動域が広がる。これはとても重要で運動する人、しない人、全ての人が対象となる。 ストレッチする方法もいくつもある。今回紹介するストレッチはなかなか自 ...

【年代別】バスケ選手の起こりやすい怪我

バスケットボールでは各年代によって起こりやすいケガがある。スポーツ全般で見られる成長痛もあればバスケットボールに起こりやすいケガもある。 この辺りを大まかに解説していく。 各ケガに関しては別項目で詳細 ...

シンスプリントはこれで克服【+バスケ選手のテーピング】

バスケットボール選手は高校生でシンスプリントを発症する選手が多い。痛みで困っている選手も多いかと思う。特にコーチに痛くて練習を休めなく、悪化してしまい、疲労骨折となって1ヶ月以上出来なくなってしまうこ ...

Copyright© ジャンクトレーナー , 2021 All Rights Reserved.