テーピング トレーナー 上肢のテーピング

【テーピング】親指の付け根(MP関節)の突き指|動画

2018年8月19日

 

親指の付け根の突き指は、とても多い怪我でよく使う指のため、治りにくいです。

痛みが継続するので、運動中はテーピングで保護した方が負担が軽減でき、治りも早くなります。

 

親指のテーピング

 

バスケットボールでは親指の付け根の突き指は多い怪我です

特に小学生で一番多い怪我は突き指です

選手、コーチ、保護者の方が対応することも多いと思います

 

目的

親指の付け根を突き指した時に使用する

使用テーピング

 

13mmホワイトテーピング(小・中学生)
25mmホワイトテープ(中・高生)
自分の手の大きなでサイズは変えて見てください

 

※今回は38mmホラワイトテープを自分で切って調整して使用しました

 

ミューラー 非伸縮テーピングテープ 手首用 25mm×12m 1個入
ミューラー 非伸縮テーピングテープ 足首用 38mm×13.7m 1個入

 

テーピングでかぶれてしまう皮膚の弱い方は、テープを貼る前に塗って皮膜を作り皮膚を保護する
3M キャビロン ポリマーコーティングクリーム 92g

テーピングかぶれに関する詳細記事はこちら
テーピングかぶれ防止や肌の弱い方にオススメな●●でお肌をブロック

ポイント

1.自分で巻けるようになりましょう!
(バスケットは手指の感覚が大切です)
(巻く力加減が大切です)

2.手の甲から巻き始めて、手の甲で巻き終わる
(テープの端はボールに触れないところの方がはがれにくいです)

3.手首にかけない方が良い
(手首にかけない方がシュート感覚が狂わないです)

参考動画

 

ポイント

・最初は巻いてもらっても、慣れたら自分で巻けるようにしましょう!
・手指は自分で巻いた方が自分のプレイ中の感覚が良いです!
・マネージャーの方は選手に巻けるようにしてください!
・トレーナーを目指す方は、選手の要求通り巻けるように練習しましょう!

 

 

 

 

関連記事はこちら

【ポイント】テーピングの技術が上達するための6つの基礎技術

続きを見る

【テーピング】指の第二関節(PIP関節)の突き指|動画

続きを見る

アドセンス

-テーピング, トレーナー, 上肢のテーピング
-,