ジュニア世代 テーピング知識 トレーナー 怪我 選手

【中高生必見】テーピングでは症状は改善しないのでセルフケアを

中学生や高校生は怪我の経験値も少なかったり、チームの状況によっては練習を休んでしまうとメンバーから外される事などもあり、練習をやりながら怪我とうまく付き合っている人も多いかと思う。

ここでよくありがちなのが、怪我をした時に、テーピングで固定すれば怪我を押しても行えるから大丈夫という考え方が先行してしまい、場合によってはさらに悪化させて復帰が大幅に遅れてしまう事もよくある事である。

そうならないようにセルフケアも含めて怪我した部分に対して対応していかなければならない。

結 論
テーピングでは怪我は治らない
テーピングは運動時に怪我の再発や予防に活用するもの
柔軟性や可動域、筋力強化、アイシング等のセルフケアが大切

 

テーピングでは症状は改善しない

テーピングを実施する事でプレイできることは十分可能な場合はある。特にチームにトレーナーがいたり、近くの接骨院などの医療機関に経験値の高いトレーナーの方がいた場合、同じようなテーピングでも効果や機能が巻く人によって大きく異なるので、プレイできてしまう場合はある。

ただし、試合や大会でどうしてもという場合は仕方ないケースもあるが、基本的にはプレイできてもその後、悪化する可能性は高いので、調整期間が必要になると思う。

テーピングをすることで治るわけではなく、スポーツを行う際の対処方法である。

継続して練習するためにしっかりと治すことが大切
JUNK TRAINER

運動時の予防として

テーピングは怪我をしないように予防として行う場合がある。プロ選手など試合が多いリーグ戦の場合、怪我をしてしまうとその後の試合に欠場しなければならなくなる為、例えばもし捻挫をした場合でもテーピングを行なって入れば軽傷で済んだり、その後の試合には出場できる状態になったりと、あらかじめ予防としてテーピングを行うことで、最悪のアクシデントを防ぐ可能性はある。

事前にテーピングして怪我を最小限に抑えたいね
JUNK TRAINER

怪我の再発防止の為

怪我をして復帰する際に、完全に良くなってから復帰できれば良いのだが、実際には慣らしながら徐々に練習に参加していくケースは多いかと思う。その際にテーピングで再発しないよう保護することで、練習に参加できる要素も増えてくるかと思う。

再受傷を防ぐために必要だ
JUNK TRAINER

痛みや負担を減らす為

同じ部位のテーピングにも様々な方法があって、ただ固定して保護するだけでなく、痛みを軽減させることや負担を軽減させるテーピングの方法もあるので、うまく対応してテーピングすることで、練習や試合での痛みや動きが変わってくる場合もある。

パッと見た場合、同じテーピングでも引っ張り加減や圧のかけ方で効果が大きく異なるということです。

特にキネシオテープは使い方によっては大きな違いが出やすい、テーピングの種類となっています。

テーピングは巻く人によって技術が結構違う
JUNK TRAINER

患部を改善させるには

テーピングはあくまでも運動するための手段としての活用方法が大きいので、テーピングをしたからといって患部の症状が改善されるわけではないので、
それ以外のアプローチをしていく必要があります。

柔軟性向上

怪我をした場合、腫れたり、安静にする期間もあるため、関節や筋肉などが硬くなってしまいます。

そのため、筋肉や筋膜の動きを出すように柔軟性を向上させる必要が出てきます。

柔軟性向上させる方法

・ストレッチ
・マッサージ
・筋膜リリース
・入浴
・筋力トレーニング
・可動域訓練
など

上記の方法を用いて柔軟性を向上していくことが大切となります。

柔軟性を作って怪我を予防しよう
JUNK TRAINER

可動域獲得

筋肉が固い事も影響しますが、関節が固まってしまう事で関節自体の動きが悪くなってしまいます。その状態で運動する事で、曲がりが悪いことによって別の部分に負担がかかりやすくなってしまいます。

まずは関節の動く範囲を正常にすることは、他の部位への負担をかけないこと、全身の動作の崩れを引き起こす原因にもなるので改善させる必要があります。

動きが悪いのに無理すると腫れてしまうよ
JUNK TRAINER

筋力強化

怪我をするとその部位の筋力がかなり低下してしまい、全体のバランス感覚も悪化してしまいます。そのため、しっかり強化していく必要があります。
怪我をしてしまった時よりもさらに強化して再発予防するようになると尚良い状態になるのかと思います。

筋肉に刺激を入れて動かすことで、柔軟性が向上し、関節可動域も改善されやすくなるので、相乗効果が期待できる部分であります。

怪我する前よりも強くしないと
JUNK TRAINER

動作習得

怪我をしてしまったシーンをよく思い出して見てください。

アクシデントで仕方がない場合と自分自身に問題があって怪我をしてしまった場合とでは大きく異なってきます。

特に自分自身の動きをコントロールできなかった事で怪我をした場合、そもそも筋力や体の使い方に改善点があったということになります。

その場合、悪い動作や体の使い方を改善してリスクを減らす必要があります。

自爆はそもそも筋力不足かも
JUNK TRAINER

練習後のアイシング

練習や試合で使うと身体は炎症症状が出ます。これは機械や携帯電話でも同じように熱を出します。

特に怪我をしている部分はより負担が多いので、熱を発しています。

そのためクールダウンで、アイシングをする必要があります。

アイシングをする事で患部の炎症を抑えることができるので、次に使う時に状態をよくすることができるというわけです。

アイシングの詳細はこちらを参考に
【必須】選手のアイシングで怪我の予防と回復に

炎症を抑えるにはアイシングだ
JUNK TRAINER

この記事が参考になれば幸いです

こちらの記事もどうぞ

誰でもわかるエンドカンナビノイド・システムとは【ECS】

アドセンス

-ジュニア世代, テーピング知識, トレーナー, 怪我, 選手
-, ,