ジュニア世代 テーピング トレーナー ユース世代 下肢のテーピング

【テーピング】ふくらはぎ内側肉離れ予防のテーピング


ふくらはぎ内側肉離れ予防のテーピングを紹介します。
TikTokよりリクエストがありましたので実際に巻いてみました。

ふくらはぎの構造


ふくらはぎを構成する筋肉は腓腹筋(ひふくきん)という筋肉が2つの頭を持って内側と外側に分かれて構成しています。
その下にヒラメ筋という筋肉があり、大きく分けるとこの2つの筋肉がふくらはぎの筋肉でアキレス腱へと変化して踵(かかと)の骨についています。


さらに奥には指を動かしたり、関節を安定させるための細い筋肉があって実際に足首や指を動かしています。


ふくらはぎの筋肉は膝を伸ばした状態で足首を反らすと腓腹筋が伸ばされストレッチ効果があります。


膝を曲げて足首を反らすと、腓腹筋がゆるんでヒラメ筋が伸ばされストレッチ効果があります。

上記のように同じ部位の筋肉でも関節の状態で筋肉の抵抗が異なってくるので運動時にどの筋肉を痛めたのかが異なってくるというわけです。

この辺りの知識を活かすと、よくアキレス腱のストレッチは行いますが、膝を曲げてアキレス腱のストレッチをする機会は少ないかと思います。

今回のテーピングの場合は、腓腹筋の内側をターゲットとしていますので、膝を伸ばした状態の方が負担がかかりやすいので、テープを巻く時には軽く膝を曲げると伸ばし切る手前でテーピングが抵抗感がでてふくらはぎの内側への負担を軽減できるというコンセプトとなります。

テーピングの巻き方

使用テーピング

・キネシオタイプ50mm
・アンダーラップ
・伸縮ソフト50mm
体格によってテーピングの幅は変更しても大丈夫です。
(テープモデルは、身長183cmの私です)

 
3M(スリーエム) キネシオロジー テーピング 50mm
LINDSPORTS L-アンダーラップ
Mueller(ミューラー) ティアライトテープ ソフト伸縮テープ 50mm

貼り方


キネシオタイプのテープを足裏に貼ります


アキレス腱を通ってふくらはぎ内側に貼りあげます。
この時、足関節は反らせて貼るようにしましょう


ふくらはぎの途中から膝も伸ばしましょう。
写真では膝が曲がっていますが、動画の途中にて膝が曲がった状態です。すみません。


痛みのあるふくらはぎの上下にアンダーラップを巻きます


アンダーラップを上まで巻き上げました。
アンダーラップを巻く意味は皮膚のかぶれ防止と肌直接だと服はらぎの動きの制限が強く出てしまいます。


伸縮ソフトテープでアンダーラップの上からテープを巻いていきます。


痛みのある内側の部分だけ少し締めるように圧をかけます。


上まで巻き上げていきます。
この時に膝は軽く曲げるようにしましょう。
テープの先端の粘着面を下の粘着面につけると剥がれにくくなります。


完成です。

テーピングの代わり


キネシオタイプを縦に1本貼った後、ふくらはぎのサポーターで代用すると良いでしょう。

テーピングは使い捨てとなるため、学生には経済的な負担が大きいです。テーピングを定価で使用した場合は、3回程度巻いたらサポーターを買えてしまうかと思います。

テーピングでは治らない

テーピングはあくまでも、その場の練習や試合をある程度無理してでも行うための対処策です。
医療機関やセルフケアをしっかり行って、練習をやりながらでも症状が改善していかなければなりません。

練習前に筋肉のストレッチやほぐし、練習後のアイシングやストレッチなどをして、筋力の強化も行って症状を良くしていきましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

こちらの記事もどうぞ

【テーピング】大腿部の打撲(モモカン・モモカツ)

アドセンス

-ジュニア世代, テーピング, トレーナー, ユース世代, 下肢のテーピング
-